効率165センチメートル

ちいさな体で効率的に生きていく

はてなブログ初心者への【よく読まれている記事】を知るメリットと効率的な探し方

f:id:k07_20:20191115085046j:plain

自分のブログの よく読まれている記事、知っていますか?

 

自分の書いた記事がすべてめちゃくちゃ読まれたら嬉しいものですが、なかなかそうはいきません。

 

たくさん書いて、そのうちからよく読まれている記事がぽつぽつと生まれてくるものです。

 

ということで今日は、はてなブログでのよく読まれている記事の効率的な探し方をご紹介します。

 

よく読まれている記事を知るメリット

探し方の前に、よく読まれている記事をなぜ知っておいたほうがいいかを考えます。

 

もちろんですが、メリットがあるからです。

そして、2つのメリットが考えられます。

 

  • いい記事を書く足掛かり
  • リライトの手掛かり

 

いい記事を書く足掛かり

公開している記事は、もちろん自分の中で納得のいく出来までは仕上げた記事だと思います。

 

しかし、読者や世間がどう受け取るかはまた別問題。

 

そんなかでよく読まれる記事を見つけることによって、客観的な評価を得られるというメリットがありますね。

リライトの手掛かり

ある程度記事の本数が増えると、過去記事の見直しも必要となってきます。

 

そんな中気をつけたいこと。

 

よく読まれる記事をリライトする

 

闇雲にリライトをしても読まれない記事は読まれません。

 

効率的にリライトをするには、まずはアクセスの多い記事からリライトをしたいこところ。

その手掛かりになります。

はてなブログ読まれている記事の探し方

さて。それではよく読まれる記事の探し方です。

 

初心者ブロガーの方や、趣味ブロガーの方はあまりアクセスを気にされていない方も多いかもしれませんね。

 

アナリティクスの設定などもなかなか面倒ですし。

 

アクセスの多い記事ってどう探せばいいの・・・?

 

はてなブログ初心者の方でも簡単にアクセスの動向をとらえることができる方法を2つご紹介します。

 

  • はてなブログアクセス解析から探す
  • サイドバーに注目記事を設定する

 

 一つずつ見ていきます。

はてなブログアクセス解析から探す

これは、知っている方も多いかもしれませんが一応。

 

アクセス解析→最近のアクセス動向→アクセス先ページ

 

f:id:k07_20:20191115080706p:plain

 

アクセス解析のアクセス動向で、全体100%のアクセスの内訳、つまり流入元が分かるようになっています。

 

そして、それぞれのアクセス元サイトからのアクセス先ページでどの記事への流入が多いかが一目でわかります。

 

僕は45日めにしてやっとGoogleからの記事が1%になりました。(笑)f:id:k07_20:20191115081719p:plain

Googleからのアクセス記事

参考までに。

 

以下が僕のブログでGoogleから読まれている記事。

 

【10月】はてなブログ運営報告【初月3000PV達成】 - 効率165センチメートル

 

はてなブログ運営1週間。PVや読者数を報告します。 - 効率165センチメートル

 

効率的にはてな読者を増やす。ヘッダ非表示機能はOFFにしよう。 - 効率165センチメートル

 

やはりブログ運営に関してやはてなブログに関してがよく読まれています。

 

すべてに【はてなブログ】の文字が入っている

 

こんな風に些細なことから自分のブログはどういった記事が好まれるかが推察できますね。

サイドバーに注目記事を設定する

さて。

これはあまりしていない方が多いかもしれませんね。

 

サイドバーに注目記事を設定する方法でもアクセスの動向がつかめます。

 

カスタマイズ→サイドバー→モジュールを追加→注目記事→最近のアクセス

 

 

f:id:k07_20:20191115082340p:plain

 

適用ボタンを押せばサイドバーへ注目記事が表示されます。

アクセスによって注目記事が入れ替わる

この方法のメリット。

 

アクセス動向によって注目記事の順番が入れ替わる

 

自分のブログを確認するたびにどの記事が読まれているのかわかりやすくなります。

 

アクセス解析まであまり見に行かない方、小まめなリライトを意識したい方にはおすすめの方法ですね。

自分のブログをよく知ろう

以上が、よく読まれる記事を知るメリットと、効率的探し方です。

 

せっかくブログを運営するのであれば、自身のブログに関してもきちんと把握しておきましょう。

 

多分、そのほうがブログは楽しいです。