効率165センチメートル

ちいさな体で効率的に生きていく

記事が書けないのではてなブログの【効率的なリライト方法】を考えてみます。

f:id:k07_20:20191115085114j:plain

最近ブログ記事が書けません。

 

1日2記事のストックを作り、毎日21時に記事を投稿し続けるという生活が約1ヵ月半が経ちました。

 

しかし最近ストック含め、50記事を書いたあたりから手が止まりがちです。

 

ということで記事が書けないので過去記事のリライトに移ります!

 

という記事です。

 

ただ、リライトしますという報告だけでは寂しいので、効率的にリライトする方法をご紹介していきます。

 

はてなブログの効率的なリライト方法

ではさっそくです。

 

リライトといっても、1記事目から順番にだったり、闇雲にしていてはあまり効率的ではありません。

 

また、本文をちょっと足せばいいというものでもありません。

 

効率的なリライト方法としては以下の3つです。

 

  • 読まれている記事をリライトする
  • タイトルをリライトする
  • 本文をリライト

 

詳しく見ていきます。

読まれている記事からリライトする

リライトは読まれている記事からするべきです。

そして、読まれている記事からすべき理由です。

 

更新頻度の高い記事は、Googleからの評価が高くなり検索上位に表示されやすくなる。

 

こういった傾向があるからです。

 

なので、よく読まれている記事からリライトしたほうが、さらに検索上位に表示されやすくなる傾向があります。

タイトルをリライト

よく読まれている記事を見つけ、さっそく本文をリライトに入るのではなく、タイトルもよく見直す必要があります。

 

  • SEOを意識したタイトルになっているか
  • タイトルで記事の方向性が見えるか
  • キーワードが定まっているか
  • ブログのテーマと合致しているか

 

こういった点を意識してタイトルを修正することも重要ですね。

本文をリライト

そして、よくリライトといえば!でイメージされる本文です。本文のリライトでは以下の2つを行ってください。

 

  • 本文を追記する
  • 本文を削除する

 

それぞれ見ていきます。

本文のリライト:追記する

最初に書いたときから、その記事の内容が変わっている部分には追記でメッセージなどを入れるといいです。

 

また、改めて読んで情報が不足していると感じた部分には、1、2文足すことも立派なリライトの一つです。

 

Googleの検索エンジンでは、文字数の多さというのもひとつの基準です。

最低1000文字のラインは超えるようにしましょう。

 

www.165-cm.com

本文のリライト:削除する

ここも意外と重要です。

 

書いているときはノッて書きまくったけど、改めてみるとムダな情報が多い。

 

あるあるですね。

 

読者が悩み解決に素早くリーチで来ているかどうか

 

ここを達成できていないのであれば、文字数を減らすことも大切です。

注意:カスタムURLは直さない

さて。

 リライトの方法をご紹介しました。

 

ここでひとつ注意したいのはカスタムURLは修正しないほうがいいという点です。

 

記事の評価がリセットされる

 

記事のパワーが無くなるのでやめておきましょう。

Googleからの記事への評価がリセット

リライトの際にURLまで変えてしまうと、徐々に時間が経ってGoogleから認知されていた記事のパワーがリセットされてしまいます。

 

また1からの評価となってしまうので、カスタムURLは最初に設定するか触らないほうがベターです。

カスタムURL設定方法

念のため、カスタムURLの設定方法です。

 

記事を書く→設定オプション→カスタムURL

 

f:id:k07_20:20191115082946p:plain

 

 

おすすめの設定方法は以下の通りです。

 

/entry/カテゴリ名/ブログメインキーワードーサブキーワード

 

リライトでやる気をアップ

以上が、はてなブログの効率的なリライト方法でした。

 

手が止まるとなかなかやる気が落ちてしまうものです。

 

リライトでまずは手を動かして、新しい記事へのヒントを得るのもいいモチベーションアップになるかもですね。