効率165センチメートル

ちいさな体で効率的に生きていく

Googleアドセンス「サイト上にコードが見つかりませんでした」の【効率的な対策手順】

スポンサードリンク

 

f:id:k07_20:20191029203642j:plain

ふむむ。

 

Googleアドセンスに合格できません。

アドセンス合格はなかなか厳しいものですね。

 

記事数を増やして、

記事の質を高めて、

SEOを意識して、

画像は著作権フリーのものに。

 

しかし帰ってくる答えは、

 

サイト上にコードが見つかりませんでした。

サイトの停止または利用不可

 

かなり萎えますね。

 

いくらブログの中身の質を高めても、そもそもサイトにコードが見つからないというのであれば話にならない。

 

ありとあらゆる対策をしましたが、返事は同じ。

 

しかし。

 

もしかしたら、これかも!?というものを見つけたので、今回ご紹介します。

 

  • サイトにコードが見つかりませんの原因
  • サイトにコードが見つかりませんのよく挙げられている対処法

 

今回は大きく分けて、この2つのテーマで記事を進めます。

 

※ちなみに、僕はまだ、今からご紹介する対策を行ってから審査中です。合格を約束するも確かなモノではありません。参考までに試してください。

 

  • ※2019年11月2日追記

この記事の翌日に無事アドセンスに合格しました。

この対策をしてからすぐの合格ですので、もしかしたら効果アリかもです。

 

サイト上にコードが見つかりませんでしたの原因:広告掲載の自動化

では結論からです。

「サイトにコードが見つかりません」は広告掲載の自動化がオフかもしれません。

ということです。

アドセンス審査の時に貼り付けるコードは自動広告用コード

さて。

 

知っている方も多いと思いますが結構前から、アドセンス審査時にブログのhead内に貼り付けるコードは自動広告用のコードです。

 

下記の赤枠内のコードですね。

f:id:k07_20:20191029195838p:plain

 

しかし、Googleアドセンスの自動広告の掲載設定はデフォルトでオフになっていました。

 

いくらコードをを正しく貼り付けても、そもそも広告が表示されない設定になっていたでのは、それはサイトにコードが見つからないはずですね。

広告掲載の自動化をオンにする手順

ということで、広告掲載の自動化をオンにする方法をご説明していきます。

 

といっても、めちゃくちゃ簡単です。

 

30秒だけ頑張りましょう。

設定の流れ
  • Googleアドセンスの広告メニューへ
  • 対象ドメインの広告の編集へ
  • 自動広告をオンにする

 

手順はたった3つです。

Googleアドセンスの広告メニューへ

まずはGoogleアドセンスのアカウントへいきます。

 

ページの左手メニュー内の「広告]ー[サマリー]をクリックします。

 

f:id:k07_20:20191029193038p:plain

 

対象ドメインの広告編集へ

すると、「広告掲載の自動化」と表示された以下のような画面へ移ります。

 

f:id:k07_20:20191029194008p:plain

 

下部には対象ドメインが表示されています。

対象ドメインの一番右手のペンのボタン[編集]をクリックします。

 

f:id:k07_20:20191029193901p:plain

自動広告をオンに

編集画面は以下のような画面になっています。

 

f:id:k07_20:20191029194637p:plain

 

 

 

そして、ページ右手にある、[自動広告]のボタンがオフになっているはずです。

下の赤枠のボタンをクリックして、オンにしてください。

 

f:id:k07_20:20191029194651p:plain

オンになると、青色に変わります。

※一番下に[サイトに適用]ボタンがあるので忘れずに押しましょう。適用せずに戻ると、変更が破棄されますので注意してください。

f:id:k07_20:20191029194657p:plain

 

 

念のため、ドメインが表示されていた画面に戻って、自動広告がオンになっていることも確認しましょう。

 

f:id:k07_20:20191029194131p:plain

 

これで設定は完了です。

サイト上にコードが見つかりませんでよく挙げられているはてなブログの対処法

さて。

 

自動広告の設定のほかにも、対処法はあります。

 

はてなブログでできる「サイトにコードが見つかりません」でよく挙げられている対策をご紹介します。

 

以下の4つを取り上げます。

 

  • 単に上手くheadにコードが貼れていないだけ
  • headにはアドセンスコードのみにする
  • Googleサーチコンソールにサイトマップを再送信する
  • httpからhttpsへリダイレクト設定をする

 

それぞれ記事のリンク貼っておきます。

 

実体験に基づいた秀逸な記事ばかりですので、結構役に立つかもです。

上手くheadにコードが貼れていない

単純に貼り方をミスっているだけかもしれません。

 

灯台下暗しですね。

 

基礎的な話ですが、以下の記事が秀逸でした。

 

※現在の仕様とすこし違う部分がありますので、そこは注意してください。

affiriate-manual.com

headにはアドセンスコードのみにする

関係あるかは不明ですが、こちらの記事はアドセンスコードのみにしたら合格できたとのことです。

 

無料ブログでも合格できているので、やってみる価値はありですね。

udonta.hatenablog.com

Googleサーチコンソールでサイトマップを送信する

サーチコンソールでのサイトマップ送信もアドセンスには重要な要素です。

 

同じGoogleのクローラーが巡回に来ていると思いますので、サーチコンソールの設定は必須です。

 

この記事めちゃくちゃ詳しいです。

www.heymilelab.com

httpからhttpsへリダイレクト設定をする

これはちょっと手間ですが、絶対にやっておくべき対策ですね。

 

アドセンスの性質上仕方ないのかもしれないですが、httpからhttpsへ自動でリダイレクトがかかりません。

 

これが原因の人は意外といそうですね。

www.sakigakenews.com

アドセンス対策はすべてやる

ということで、広告掲載の自動化のオンの設定方法と、その他の対策でした。

 

冒頭でも書きましたが、僕もまだ審査段階です。

 

ぶっちゃけ、広告の掲載がの自動化をオンにしても、不合格かもしれません。

 

その時はかなり萎えますが、またググって調べます。

 

※2019年11月2日追記

この記事の翌日に無事アドセンスに合格しました。

この対策をしてからすぐの合格ですので、もしかしたら効果アリかもです。

 

 

萎えますが、みなさんもアドセンスに合格するためにはできる対策はすべてやるようにしましょう。