効率165センチメートル

ちいさな体で効率的に生きていく

デスクワーカーよ、歩き回れ。【効率よく集中力を持続】

スポンサードリンク

f:id:k07_20:20191016200101j:plain

細かい作業や処理を繰り返し行う事務職や、プログラマーなどなど、デスクワーカーの方。

 

いつもお疲れさまです。

 

ほとんどの方が自分のデスクで椅子に座って仕事をしていることでしょう。

 

デスクワーカーは座れて楽。

 

とおっしゃる人もいます。

 

しかし座るという行為も度を越せば辛い。

 

1日8時間も細やかで繊細な仕事をしていたらそれはそれは疲れますね。

 

大事な大事な仕事ですが、それが座ることで集中力を削られて、ミスにつながるのは避けたいですね。

 

些細なミスならまだしも、会社やお客さんへ多大な迷惑をかけて大きな損失を出してしまっては大変です。

 

デスクワーカーよ、歩き回れ。

 

さて。

 

今日は歩き回ることで、集中力を高めるという方法をご紹介します。

デスクワーカーの集中方法:歩く

デスクワーカーが集中力を持続させるには、歩くことです。

 

もちろん仕事中に。

 

歩くことは、集中とは対極にあるように思われますね。

 

ましてや仕事中になんて。

 

しかし、歩くという動作を取り入れれば、効率的に集中力が高められます。

 座り続けるデメリット

人は、椅子に座った状態でいると、どんどん集中力が低下していくことが証明されています。

 

集中力が落ちれば、判断力だけでなく、作業効率も落ちます。

 

さらに、座り続けるという行為が日常的に6時間以上だと、死亡リスクは40%も高まるのだとか。

動くことで集中できる

集中しなければならない場面でこそ「動く」という動作を取り入れることで効率のいい仕事ができます。

 

動くとは、つまり筋肉を動かすということです。

 

簡単なストレッチや体操をするだけでも、大きなリフレッシュ効果があることも証明されています。

 

しかし、仕事中に筋トレを始めるわけにもいかないで、歩きましょう。

 

20分~30分に1度でOKです。歩き回りましょう。

 

意外と歩くところアリ

仕事中に歩きまわるって、どこへ・・・

 

と思われた方もいるかもしれませんね。

 

しかし、オフィスでも歩く機会は意外とあります。

 

  • コピー取りにいく
  • コーヒーを淹れに給湯室へ
  • 飲み物買いに自販機へ
  • お手洗いに席を立つ

 

こんな風に20~30分に一度なら席を外しても問題ないところは意外とあります。

スタンディングデスクで集中

座りっぱなしよりも、歩いたほうが仕事効率が上がるのは、正直知っている方も多かったはずです。

 

実際、スタンディングデスクというものを取り入れて、立ちながら仕事をすることを推奨している会社も増えてきています。

 

僕の会社にもとりれられていますよ。

スタンディングデスクの効果

スタンディングデスクは効果はいろいろなところで発揮されています。

 

立っているときは、集中力だけでなく、判断力やIQも高まります。

 

これをうまく利用したとある企業では、スタンディングデスクでの会議を取り入れて、会議の時間が大幅に短縮されたそうです。

 

議題の結論を出すスピード感や、意思決定がめちゃくちゃ早くなったのだとか。

仕事中に歩き回れない

しかし、会社にスタンディングデスクがないから歩くしかないという方。

 

こんな不安をお持ちになるかもしれません。

 

仕事中にしょっちゅう立ち歩くと、サボっていると思われる

 

大丈夫です。

 

ぶっちゃけ、仕事中に誰が立ち上がろうとあまり気にしません。

 

以前の記事でも書きましたが、あなたのことを周りの人は気にしてないです。

 

www.165-cm.com

 

実際、仕事中に誰が立ち上がっても気づかないことないですか?

 

たしかに2,3分おきとか、あまりに頻繁だとおかしいですが・・・

 

20分、30分に一度であれば問題ないです。

歩き回りを注意された時の対処

仕事せずに立ち歩いて・・・集中しないか!

 

こんな風に、集中力を高めて、仕事の効率をあげようとするのを邪魔する上司が現れたときの対処法はこれでOKです。

 

あなたもでしょう。

 

そんなことに気を取られているであれば、ぶっちゃけその人仕事にまったく集中していないので問題なしです。

 

アナタの立ち歩きは仕事の集中力を持続させるためですので、気にすることないですよ。

 

むしろ理屈を説明して、立ち歩くのを勧めてあげてください。

仕事=座ってやるは古い

デスクワークは座って行うもの。

 

というのはもう古い考え方になってきているかもしれません。

 

事務作業も、

プログラミングも、

ブログも、

読書も、

 

立ってやるほうが効率がいいでしょう。

 

集中力をグンと引き延ばすには、まずは固定観念を捨てていきましょう。